This page:関節痛の予防解消ガイド > 人工関節置換手術を受ける前に…

人工関節置換手術を受ける前に…

どのような病気の場合でも同じことが言えるのですが、手術を受ける時には体力をつけておくとよいでしょう。
体力をつけておけば、免疫力も高まりますので、手術後の回復が早くなります。

今回お話しする、関節痛における人工関節全置換手術においても同じ事がいえます。
手術を受ける決心をしたら、手術の日までストレッチをするなど筋力を維持させるよう努めましょう。
これは手術のために体力をつけるだけではなく、手術後のリハビリを効率よく進めるためにもとても重要なことです。
もちろん、悪化しないよう自己流で行うのではなく、医師の指示に従うようにしましょう。

また、普段、飲んでいる薬があれば、それは必ず医師に伝えましょう。
特に、関節痛によく処方される消炎鎮痛剤は、出血の原因にもなりますので、手術の1週間前には飲むのを止めておかなければなりませんし、そういったように、他に常備して飲んでいる薬に関しても、もしも、手術の時の麻酔との組み合わせが悪かったら、手術がうけられなくなる場合もあります。

何かあれば、すぐ医師に相談するようにしましょう。

また、膝や股関節の人工関節置換手術を受ける方は、手術前もその後も体重の管理に気をつけておかなければなりません。
太りすぎていると、人工関節への負担が大きく、劣化を早めてしまいます。
再手術を避けるためにも、また、健康を維持するためにも、標準体重に近づけるように 食生活には十分気をつけましょう。

そしてリハビリを兼ねた軽い運動や体重管理などは、手術前だけではなく、手術後にも続けていかなくては手術をした意味がなくなってしまいます。
手術が成功して痛みがなくなったから何もしなくていい…ということはありません。
手術後の人生を楽しむためにも、日々、健康を意識して生活をしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0