This page:関節痛の予防解消ガイド > 肘の関節痛に関して

肘の関節痛に関して

腰や膝の関節痛に比べて、さほど障害がないのが肘の関節痛で、肘は主にスポーツをしている人に多く見られます。
スポーツをしている人に多いというだけあって、その病名にはほとんどスポーツの名前がついています。

例えば、野球肘、ゴルフ肘、テニス肘…など、すべて肘を使いすぎて起こる関節痛です。

野球肘は、その名のとおり野球をしている人に、なかでも特にピッチャーに多い関節痛です。
ピッチャーが必ずなるというわけではなく、投球フォームや投球数などによっても違ってきます。
ひどい場合には、軟骨に傷がついて骨のかけらが関節内を動き回るので、痛みでボールを投げるどころか、腕を曲げたり伸ばしたりできなくなります。

野球肘はプロ野球選手はもちろん、少年野球に熱心な子供たちにも 多いと言われています。
特に子供は、骨や筋肉などが成長途中にありますので、必要以上に練習をやり過ぎてしまうと、肘を痛めることにもなりかねません。
上手くになりたい、強くなりたい…と熱心に練習に励む子供たちを見守る親御さん達は、もしかしたら将来、プロ野球選手になるかもしれない大事な腕を、決して酷使することなく、子供の年齢に合わせた投球数にする、終わった後は、アイシングをするなどのケアを心がけ、無理のない練習をするよう導いてあげてください。

子供は多少の違和感があっても、そのまま練習を続けるかもしれませんので、たまに肘の内側や外側を軽く押してみて痛がるようであれば、すぐに病院で診てもらいましょう。もしかしたら関節痛が始まっているのかもしれません。

また、ゴルフ肘やテニス肘は、ゴルフやテニスのやりすぎだけが原因とは言えません。
肘や手首の使いすぎにより、肘の外側が炎症を起こす関節痛をこのように言うであって、生活の中でも、知らないうちに肘や手首を酷使していることがあるかもしれません。
例えば最近では、パソコンの使いすぎで、手首や肘を知らないうちに酷使しており、関節痛を訴える方が増えてきているそうです。

もし肘が痛み出したら、できるだけ腕を使わないように安静にします。
そして病院を受診し、消炎鎮痛剤や湿布を処方してもらいましょう。
関節の炎症状態によっては、温熱療法や運動療法の治療が行われる場合もあります。
早く治す為には無理をしないで、ゆっくり肘を休めることです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0