This page:関節痛の予防解消ガイド > 肩関節痛とは…

肩関節痛とは…

肩関節痛の症状で『五十肩』と言う名前を聞いたことがありませんか?
40代~50代の方に多く発症するので『四十肩』とも『五十肩』ともよばれています。
しかし、必ずしもこの年代に限っているわけではなく、若くても高齢になっても発症する関節痛の一つです。

『五十肩』は正式には肩関節周囲炎といい、肩の関節の周りが炎症をおこすことにより痛みがでます。
ですから、肩の筋肉が張って痛む『肩こり』とは違って、肩関節から腕にかけて痛みがあります。

五十肩になる原因は、やはり骨の老化だと考えられてはいますが、はっきりとした原因はわかっていないのが現状です。
発症は突然で、痛みを感じた途端に腕が上がらなくなると言われています。
そして、発症後は肩を上げたり下げたりする上下運動が痛みで出来なくなりますので、日常生活がかなり不便になります。
経験された方が「一番困ったことは、トイレだ」と、おっしゃっていました。
下着を上げたり下げたりする動作が出来なかったのだそうです。
着替えるときのように腕を思いっきり上に上げるわけでもないのに、そんなちょっとした動作も困難になるのですね。

また、これが慢性化してくると、夜寝ていても痛みを伴うようになります。
このような症状が出たら、我慢せず、病院へ行きましょう。

では、五十肩にならないためには日頃からどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか?
一番の予防法は、姿勢を良くする事。
家にいてテレビを見ている時やくつろいでいる時に、寝転んでいる方は要注意ですよ。
寝ころぶと確かに楽ですよね。
でも、このような姿勢でいることは、実は肩に負担がかかっているのです。

さらには、血行をよくし、肩を冷やさないようにすることが大事です。
若いからといって安心せず、普段から、お風呂の中で体を十分に温め、軽い運動をするなど関節痛の予防に努めましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0