This page:関節痛の予防解消ガイド > 腰痛に関して

腰痛に関して

腰痛はいまや、風邪の次に多い関節痛の病気であります。
たしかに周囲を見渡すと、腰痛を持っている方って意外と多いですよね。

私達人間は、2本の足で自分の体重を支えなくてはなりません。
そして2本の足で立って歩くには、足のすぐ上にある骨盤、さらにその上の腰椎、これらが重要なポイントとなるのです。

スポーツをしている人や、日頃重い荷物を持つ人に腰痛が多いのは、腰椎にかかる負担の割合が大きいからです。
しかし、こういったことが思い当たらない人でも腰痛になる人はいます。
腰痛になる人の多くは、実は会社員やOLのようにデスクワークが中心の人、あるいは長時間、車を運転する人達なのです。
意外だな…と思うかもしれませんが、実は長時間いすに座り、同じ姿勢を続けていることのほうが、腰にかかる負担は大きいのです。
これは俗に言う『職業病』というものです。

しかし、これらの仕事に就いているからといって、皆がなるわけではありません。
腰痛の主な原因としては『姿勢』が考えられています。

街を歩いていると、颯爽とかっこよく歩く人やうつむき加減で歩く人など、色々な姿勢のタイプを見つけることができます。
ここで注目したいのが、猫背の人やお腹を突き出して歩く人、いすに座ると必ず足を組む人、片方の手にしか荷物を持たない人…みなさんはどうでしょうか?思い当たる節はないですか?

『くせ』というものは、無意識にでてしまうもので、たしかに慣れた姿勢が一番楽かもしれません。
でも、その『くせ』が、つらい腰痛をひきおこしてしまう原因かもしれません。
さらには、腰痛だけではなく、膝や首などあらゆる関節痛を引き起こす原因にまでなってしまうかもしれません。

正しい姿勢というものは、見ていても気持ちがよいものですし、関節痛にならないためにも、正しい姿勢を身につけたいものです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0