This page:関節痛の予防解消ガイド > 慢性腰痛と急性腰痛の違い

慢性腰痛と急性腰痛の違い

腰痛の経験は、多くの方が一度はされているのではないでしょうか?
一度痛くなると、ちょっとした拍子にまた痛みを感じるようになるので、厄介な関節痛ですよね。

腰痛には大きくわけて、二つのタイプに分かれています。
まず一つ目は、一般的に『ぎっくり腰』と言われる『急性腰痛』です。
ぎっくり腰になると、あまりの痛みにしばらく立ち上がることができません。
病院に行きたくても立ち上がれないのですから、どうしたらよいのか不安になってしまうことでしょう。

しかし、ぎっくり腰は焦らなくても大丈夫。
とりあえず湿布を貼って2~3日安静にしていれば、激しい痛みはおさまってきますので、動けるようになってから病院へ行くとよいでしょう。

二つ目は『慢性腰痛』と言われるもので、常に腰に重い感覚があり、ジワジワと痛みを感じるタイプです。
このタイプは、骨の老化や腰以外の病気、細菌、腫瘍、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。

急性腰痛も慢性腰痛も、しばらく安静にしていると楽になるので、薬や湿布で痛みがひいたから…と病院へ行かない人もいるようです。
しかし、これらを放置しておくことは、非常に危険です。もしも何らかの病気が原因だった場合、その病気を放置しておくことになってしまいます。
さらには、他の関節痛までも引き起こし、後で後悔することになってしまうかもしれません。

たかが腰痛…、されど腰痛なのです。
自分で勝手に判断することなく、病院へ行って検査をうけるようにしましょう。
診察の際には、いつから痛むのか・他の関節痛はないか・内科にかかっている病気はないか…など聞かれることと思いますので、答えられるようにしておくことが大事です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0