This page:関節痛の予防解消ガイド > 股関節痛とは…

股関節痛とは…

妊婦さんが、病院や保健所の母親教室などで教えてもらうものに安産体操というものがあります。
これは、妊婦さんが抱える悩みの一つである腰痛を防いだり、股関節を強化させる目的があります。
妊婦さんはお産のとき、足を大きく開かなくてはなりません。
股関節が硬くて開かないと、赤ちゃんはとても出にくくなってしまいます。

女性の骨盤は、男性と比べると股関節が浅くなっているので、ずれやすいつくりになっています。
出産時になると、股関節は産道をひろげるためにずれるものなのですが、出産後はちゃんと元に戻るようになっています。
しかし、大きくずれすぎると回復するのに時間がかかり、股関節の周囲の筋肉がだんだん硬くなるために、痛みを生じるようになります。
これが股関節痛といわれるものです。
股関節痛は女性に多い病気であると言われる理由はこれなんです。

といっても、出産を経験した人だけがなる病気ではありません。出産していなくても股関節痛になる方はいらっしゃいます。
日常の生活を振り返ってみてください。足をよく組む、横座りをよくする、片方の足に重心をかけて立つなど、このような覚えがある方は要注意です。

股関節に痛みを感じたら、すぐに病院を受診した方が良いでしょう。
股関節痛は、股関節とつながっている腰や膝、肩、首にも影響を及ぼすことがあるからです。

ひどくなると、医師から人工関節に置き換える手術を勧められることがあります。しかしこの手術をしても、みんながみんな、元の元気な身体になるとは限りません。
それ以上ひどくならないように、日頃から股関節運動などをするように心がけましょう。

しかし、無理をしてさらに痛みが増してしまっては何にもなりません。必ず医師の指示に従いましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0