This page:関節痛の予防解消ガイド > 慢性関節リウマチという病気

慢性関節リウマチという病気

『慢性関節リウマチ』とは、手や足の指の関節から始まる関節痛の病気で、発病する際の特徴としては、突発的なものはほとんどなく、じわじわと始まることです。

初めは身体がだるい、疲れやすい、食欲がない、手足がしびれて力が入らないなどの症状が現れてきます。
発病したときの特徴ともいえる手足の痛みは、朝が特にひどく、こわばっている状態が続きます。

リウマチは、痛みが身体のあちらこちらに流れ動く病気といわれています。
発病すると、その通りで、初めは手足の指の関節だけの痛みが必ずといっていいほど、他の関節までもおかされていきます。
そしてそのうち、全身の関節の痛みと腫れの症状もあらわれてきます。
よって、関節リウマチとは、単に1箇所だけの関節痛ではなく、全身の病気であると考えた方がよいでしょう。

関節リウマチが慢性的になると、痛みの他に熱が出たり、貧血になったりすることがあります。
これは、、慢性関節リウマチが合併症を伴いやすい病気だからです。
そして長期にわたり関節痛の炎症が続くと、指の関節は次第に破壊されてくるため、指が短くなったり、関節が変形してしまったりします。

しかし、この病気は、発病した人達全員が同じ症状になるわけではありませんので、気持ちを落とさず、自分のリウマチはどのタイプであるのかを知り、上手につきあっていくことが大切です。
普段からちょっとした心がけを、例えば身体を冷やさないように、冬場は使い捨てカイロなども活用し、関節を温めるようにするなどしていきましょう。

慢性関節リウマチは、血液検査やレントゲンで発見できますので、気になる方は病院で検査をしてみてもいいかもしれませんね。
もし慢性関節リウマチと診断されても、適切な治療を行えば、進行を防ぎ痛みを抑えることもできます。
現代の医学は進歩しておりますので、一人で悩まないで、医師の診断を仰ぎましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0