This page:関節痛の予防解消ガイド > 子供にある関節痛

子供にある関節痛

子供の頃、何もしていないのに急に脚が痛くなって、「何か悪い病気なんじゃないか…」とか、「このまま歩けなくなるんじゃないか…」と不安になったことってありませんか?
親に言うと、ほとんどの方が「きっと、成長痛ね。背がのびている証拠よ。」と言われたのではありませんか?。

この成長痛というものは、子供の関節痛の一種ですが、今なお原因ははっきりしていません。
また、子供の年齢によって、若干意味合いが違ってくるようです。

幼児期におこる関節痛に、昼間は痛がらずに夜だけ痛がるといったことがあります。
この場合は、精神的なものが大きな原因となっていることが多いようです。
かと言って、脚が痛くないのかと言えば、そうではなく、やはり本人はとても痛いのです。
子供が痛いと訴えているのなら、マッサージをしてあげたり湿布をはって、まずは気持ちを落ち着かせてあげましょう。
年齢が上がるとともに落ち着いて、痛みを訴えることはなくなることでしょう。

成長期に起こる関節痛は、スポーツをやっている子に多いと言われています。
それは骨と筋肉・腱の成長が比例していないのが原因のようです。
そして昼の間、酷使した脚に、夜になって疲労が蓄積するためではないかと言われています。
痛みがひどいときには、激しいスポーツを避ける、温かいお風呂に入るなどのケアをするとずいぶんと緩和することができます。

また、どちらの場合も、昼間も痛がるようでしたら、その他の関節痛が考えられます。
例えば、股関節炎や亜脱臼、膝蓋軟骨軟化症などがあげられますが、このような場合は、必ず病院で適切な処置をしてもらわなければいけません。
病院によっては成長痛で片付けられてしまうことがあるかもしれませんが、納得がいかなければ、違う病院で診てもらうようにしましょう。
突然、わが子が関節痛の痛みを訴えてきたときに、冷静に対処できるよう、心づもりをしておきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0