This page:関節痛の予防解消ガイド > 怪我と関節痛との関係

怪我と関節痛との関係

女性に多くみられる変形性膝関節症は、出産や更年期などの影響で、ホルモンのバランスが変化するために脂肪がつきやすい女性に多いのだそうです。しかし最近では、肥満傾向にある男性にも発症率が高いと言われています。
年代別で見ると50~60代の方に多いとされています。

「でも自分はまだ若いし、太ってもいないのに膝が痛いのはどうして?」という人もいるでしょう。
膝関節痛になる原因は、老化と肥満に限ったことではないからです。

では、ほかに考えられる原因ですが、以前に膝を怪我したことはありませんか?
例えば骨折したことがあるとか、スポーツをしていて靭帯を損傷したことがあるなどです。

思い当たる方は、ちょっと思い出してみてください。あなたはその怪我がしっかり完治するまで、ちゃんと通院しましたか?
人は、誰もがそうだと思いますが、痛い時にはすぐに病院へ行きますが、痛みがひくとだんだん足が遠のいてしまいがちですよね。
痛みがひいたことで自分では治ったつもりでいても、実はまだまだリハビリが必要な状態であったり、定期的な診察が必要だったりすることがあるんです。

これを放置したままにしておくと、のちに膝関節痛を引き起こし、変形性膝関節症が発症してしまうことになるのです。
変形性膝関節症は、発症時期から末期まで、長期にわたり痛みがつきまとう病気であり、すぐにどうこうできるものではありません。

このように後から病気を引き起こすこともあるので、怪我をしたのに「病院へ行くほどでもないな…」などと、勝手に判断することは避けましょう。
また、痛みのある場所へのテーピングなども、誤った方法で貼っていては意味がありませんので、正しい知識をもって行うようにしましょう。

もし怪我をしてしまったら、病院に着くまでは患部を冷やしておきましょう。
そうすることによって、患部の腫れや痛みを少しでも軽減させることができます。
そして、自分の判断で勝手に通院をやめることなく、医師から完治を告知されるまで頑張って通院するようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0