This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > C型肝炎の定期的な検査を受ける

C型肝炎の定期的な検査を受ける

C型肝炎について、さまざまなところでよく取り上げられているので、みなさんも耳にしたことがあると思います。C型肝炎は肝臓病の一つであり、肝炎は他にもA型・B型・D型・E型があります。

それら5種類の中でも、とくにC型肝炎は「感染が怖い」イメージがあります。なぜなら、C型肝炎は、他の型に比べて、慢性肝炎や肝臓癌になる確立が高く、また慢性化してしまうと、なかなか治りにくいと言われているからです。

さらに、肝炎の特徴的な症状「体がだるい」「疲れやすい」「食欲不振」といったものが出にくい…すなわち、自覚症状がないまま病状が悪化していくのです。気付いたときには手遅れになってしまっていた…という方も大勢いらっしゃいます。

そうならないためにも、定期的に検査を受けましょう。肝臓の検査には、さまざまな種類がありますが、肝臓のどういった部分を見たいのかによって検査する内容はかわってきます。

【主な肝臓検査】
・血液検査
・画像検査
・肝炎ウイルスマーカー
・腫瘍マーカー
・尿検査
・便検査
・肝生検
・肝機能検査

たとえば、肝臓の障害の程度や働き具合・胆汁の流れ具合を見る時には肝機能検査を行います。肝硬変になっていないかを見るときには、血液検査を行います。このように、さまざまな検査を通して、肝臓の具合を見ていきます。

先にも述べましたが、C型肝炎は慢性化しやすく、治りにくい病気ではありますが、早期に発見し治療を開始することができれば、コントロールすることも、完治することも可能な病気なのです。

ですから、早期発見をするためにも、以前に輸血を受けたことがある方や、家族にC型肝炎の方がいらっしゃるという方は、定期的に検査を受けることをお勧めします。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0