This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > C型肝炎という病気を知ろう!

C型肝炎という病気を知ろう!

近頃、よく耳にするようになったC型肝炎という病気は、ウイルスが肝臓に感染することによっておこります。

では、ウイルスはどのような感染経路をたどり、私たちの体に入ってくるのでしょうか?肝炎ウイルスは、風邪やインフルエンザのウイルスとは違い、血液から人間の体に入り込んできます。そして、肝臓にこのウイルスが入り込むと、肝臓の中だけでどんどん増えていくのだそうです。

肝炎ウイルスは一つだけではなく、遺伝子の型で分けられます。それは4種類【1a・1b・2a・2b】に分かれています。

日本人には【1a】の患者さんはほとんどおらず、【1b】のタイプが一番多いと言われており、次に【2a】タイプ、【2b】タイプは少数と言われています。

これらのタイプによって、どのような治療法を施すべきかが変わってきます。C型肝炎の治療で一般的によく知られているのは、インターフェロンと呼ばれる治療法でしょう。

私たちの体は、肝炎ウイルスに感染すると、体内でインターフェロンが作られます。これを増殖させないためには、体内で作られたインターフェロンよりもはるかに量の多いインターフェロンを必要とします。

そこで、注射によってインターフェロンを体内に入れるのです。この治療法はC型肝炎にとって、最も有効であると言われています。

しかし、C型肝炎になったからといって、すぐにインターフェロン治療をはじめるのかというと、実はそういうわけではありません。

また、残念ながら、全てのC型肝炎患者にこの治療法が適用されるわけでもないのです。もし、このインターフェロン治療が行えなかった場合、どのような治療法を用いて治療していくのか、またそれによる副作用はどんなことが考えられるのか…など、考えなくてはいけないことはたくさんあります。

辛い治療になるかも知れませんが、現在では医学も進歩し、C型肝炎になっても完治する方はたくさんいらっしゃいます。そのためは、一日も早い発見とあきらめない姿勢、根気が必要となってきます。がんばりましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0