This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > C型肝炎という病気とその治療方法

C型肝炎という病気とその治療方法

肝臓は、私たち人間が健康で生活するための重要な要素をたくさんもっているところです。肝臓が病に侵されると、体がだるく、疲れやすくなったり、また食欲もなくなってしまいますので、日常の生活さえ、辛く感じてしまったりすることがあります。

特に、今世間を騒がせているC型肝炎は、放っておくと慢性肝炎から肝硬変に、さらには肝臓がんになると言われていますので、こわいですよね。

もしも自分や、大切な家族がC型肝炎であると診断されたら、私たちは一体どのような対処をすれば良いのでしょうか。そこで、治療法などを勉強し、もしもそのようなことがおこっても、少しでも冷静に対処できるようにしておきましょう。

C型肝炎には、急性肝炎と慢性肝炎とがあり、それによって治療法がずいぶんと変わってきます。まず、急性肝炎の場合ですが、入院して安静と食事療法を行うことになります。

場合によっては、足りないカロリーを注射で補います。退院後は、1~2週間自宅で療養し、その後、社会復帰することが出来ます。

慢性肝炎になると、治療に長期の期間を要することになるので、覚悟をきめて治療を始める必要があるでしょう。治療法は、ウイルスの種類や患者の免疫力などを考慮した上で、選んでいきます。

よく行われている治療法は、インターフェロンでウイルスの抑制をする方法です。さらに、リバビリンという飲み薬を併用し、ウイルスの増殖を防ぐ方法も一般的によく行われています。

インターフェロンは集中的に連続して投与していきますが、それに対し、ペグインターフェロンという治療薬は週1回、皮下注射するだけでよく、しかもインターフェロンに比べて副作用が少ないので、これらを上手に組み合わせて治療していくことになると思います。

C型肝炎の治療に焦りは禁物です!たとえ慢性化していても、肝硬変になる前であれば、治る可能性は十分ありますので、C型肝炎と上手につきあっていく覚悟で、治療にあたりましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0