This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > C型肝炎の治療に使用されるインターフェロンについて

C型肝炎の治療に使用されるインターフェロンについて

インターフェロンとは、C型肝炎の治療でもっとも有効と言われている薬であり、さまざまな条件が重なると、より効果を発揮する治療薬です。

その条件とは、
・ウイルス遺伝子の型が2a・2bのどちらかであり、C型肝炎ウイルスの量が少ないこと
・C型肝炎になってからの期間が短いこと
・インターフェロンの使用量が多いこと
これらの条件が重なると、効果が上がり、良い結果が期待できると言われています。

インターフェロンは、注射によって処置が施されます。肝炎に効くインターフェロンには、大きく分けて二つ、[インターフェロン・アルファ]と[インターフェロン・ベータ]という種類があり、この種類によって、注射を打つ期間や間隔、注射の量などが違っています。

癌治療に使用される抗がん剤には、強い副作用があるのをよくご存じですよね。インターフェロンも、抗ガン剤と同様に強い副作用があります。実際に治療を受けたことがある方は、皆、そのときの心境を辛かったと述べられています。

副作用は、主に発熱や筋肉痛・関節痛などがあげられていますが、これらは座薬などの鎮痛剤を使用してある程度、抑えることができます。

しかし、治療を長く続ければ続けるほど、不眠や意欲消失状態といった症状がでてきて、ひどくなるとうつになる方もあるほどです。

医師から、「このままこの治療を続けるのは危険だ」と見なされたり、患者自身が副作用の辛さから「やめたい」と申し出ると、その時点でインターフェロンの治療を中断することになります。

医師の意見はしっかり聞く必要があります。しかし、治療をいつから始めるか、いつまで続けるかなどの最終判断するのは、患者である私達自身です。

C型肝炎は、長い期間を経てゆっくりと進行していく病気であり、また、長期にわたって治療をしなければならない可能性が高い病気でもあります。

早く治療を始めるのに越したことはありませんが、患者である自分や家族が信頼できる医師を探してから、じっくりと治療を始めることが大切なのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0