This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > インターフェロン以外のC型肝炎の治療法

インターフェロン以外のC型肝炎の治療法

C型肝炎には、インターフェロンの治療が最も効果的だと言われており、実際にその治療を受けて完治されている方はたくさんいらっしゃいます。

しかし、インターフェロンの治療を受けたくても、ウイルスの遺伝子がインターフェロンに向いておらず、ひどい副作用がある場合には、どうしたら良いのでしょうか。

C型肝炎を治療する上で、一番大きな目的、それは【癌になるのを防ぐ】ことです。たとえ体内からウイルスがなくならなくても、肝機能が正常に働いていれば、癌になるのを遅らせることは出来ますので、そういった意味では、ウイルスが完全になくならなくても、わずかでもウイルスを減少させることが出来るのであれば、インターフェロンの治療を続けることは大切であると言えるでしょう。

しかし、それには例外があります。例えば、ウイルスの量が少ない高齢のC型肝炎患者の場合、インターフェロンを使って副作用に苦しみ、衰弱してしまうことを考えたら、むしろインターフェロンを使用しないほうが良いのでは?という考え方です。

なぜなら、C型肝炎はとてもゆっくりとした速度で病気が進行していくので、慢性化していなければ、発症しても20年は普通の生活を送ることが出来るからです。とはいえ、インターフェロンの他、何も治療方法が無いわけではありません。

では、どのような治療方法があるのでしょうか。それは、ウルソという飲み薬と、強力ネオミノファーゲンCという注射薬を用い、癌になるのを遅らせる方法です。

この方法は、ウイルスを無くすことはできません。しかしこの治療方法を用い、生活している方はたくさんいらっしゃいますので、安心して治療を受けてくださいね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0