This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > インターフェロンによるC型肝炎の治療が受けられる条件

インターフェロンによるC型肝炎の治療が受けられる条件

C型肝炎の治療でもっともよく使われているのは、インターフェロンと呼ばれるものです。しかし、全ての人にインターフェロンが使用できるわけではありません。よく毛染めやパーマをかける時に、パッチテストをしますよね。

それと同じようにインターフェロンにおいても、事前にテストを行います。その結果、皮膚が赤く腫れるといったような過敏反応がでると、インターフェロンの治療を受けることができません。

また、過敏反応が出なくても、過去にインターフェロンの治療でひどい副作用にみまわれた方も、その治療を受けることができません。

しかし、その副作用が、回復することができるくらいの軽いアレルギー反応であれば、間隔をあけたり薬の量を加減しながらインターフェロンの治療を受けることは出来ます。

また、C型肝炎を患っている上に、さらに自己免疫性肝炎を発症している方も、インターフェロンの治療を行うことはできません。

自己免疫性肝炎とは、40代以上の女性に多くみられる、原因不明の慢性肝炎で、この病気を患っている方がインターフェロン治療を行うと、肝臓の障害がひどくなると言われています。

ところで、『肝臓病には漢方薬がよく効く!』という話を聞いたことはありませんか?全身がだるくて食欲がない時などに用いられる漢方薬で、『小紫胡東』というのがあります。有名なものなので、飲んでいる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、そのなかで、もしインターフェロンによるC型肝炎の治療を考えている方がいらっしゃるのであれば、すぐに飲むのを中止してください。なぜなら、インターフェロンと『小紫胡東』とを重ねると、間質性肺炎をひきおこす可能性があるからです。

また、肝硬変を患っていて血小板が少ない方が『小紫胡東』を飲んでも、間質性肺炎になる可能性があると言われていますので、思い当たる方は今すぐ飲まないようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0