This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > 薬害C型肝炎の訴訟問題について

薬害C型肝炎の訴訟問題について

今から約五年前、薬害C型肝炎の被害者の方たちが、薬害の責任を認めてもらおうと、国と製薬会社を相手に立ち上がりました。

今回立ち上がった人たちは、さらにさかのぼること約40年前、それから25年間もの間、ウイルスに侵された血液製剤を投与されてC型肝炎になった方達です。ニュースをご覧になった方は「どうして今になって…?」と思われたことでしょう。

それはC型肝炎という病は、とても長い年月をかけて症状をあらわす病気だからです。C型肝炎になると、治療に専念しなければならない期間がでてくるので、お仕事をされている方は休まなくてはいけません。

なかには治療薬であるインターフェロンの副作用によって体調不良が続き、仕事を辞める方もいらっしゃいます。また、治療費がとても高額で、高額医療費で戻ってくるとはいえ、度重なる治療費の負担に、途中で治療を断念せざるを得ない方もいらっしゃいます。

今回、この薬害C型肝炎訴訟に関わっている方達は、血液製剤“フィブリノゲン”という止血剤を投与されてC型肝炎を発症されました。

そこで今回の訴訟では、このフィブリノゲン製剤を製造・販売した製薬会社の責任、そしてこの製造を承認した国の責任を問うものとなっています。

そして、大変辛い状況の中で戦ってきた甲斐があって、2008年1月11日、ついに薬害肝炎救済法が成立したのです。これは、大きな進展です。とはいえ、この救済法にはさまざまな条件があるため、全てのC型肝炎の患者さんが心から喜べるような内容ではありません。

しかも、自分は原告側に適合するのかどうかさえ、判断が難しいのが現状のようです。本当の意味での薬害C型肝炎の訴訟問題は、まだまだ始まったばかりなのかも知れません。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0