This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > 出産と薬害C型肝炎との関係

出産と薬害C型肝炎との関係

出産とはまさに命がけ…。想像を超える痛みと苦しさの後、赤ちゃんと対面した時の喜びといったら、それは母親でしか味わうことの出来ない、かけがえのない瞬間でしょう。

しかし、その出産で薬害C型肝炎になった女性がたくさんいます。かけがえのない瞬間がその後の人生を大きく変えてしまうのです。なぜなら、多量の出血を伴って出産をした方の止血剤として、肝炎ウイルスに侵されたフィブリノゲン製剤を使用していたからです。

そして、早い方だとわずか数日で…、あるいは何ヶ月、それどころか何年も経ってから、自分がC型肝炎に感染していたことを知るのです。今年に入り、和解が成立したC型肝炎訴訟。その原告の方たちの中には、出産時にこのような経緯で感染した人たちがたくさんいらっしゃるのだそうです。

薬害C型肝炎の患者さんにとって一番恐ろしいのは、自分の知らない間に治療が行われていたという事でしょう。病気になって、初めてその原因を知るのですから、その真実に誰もが愕然としたことでしょう。患者さんのその時の胸中を察すると、言葉もありません。

しかしこれは、決して他人事ではないということを、私たちも知らなければなりません。もしも、検査をして陽性反応が出たら…。本当に驚き、愕然とすることでしょう。

そして、その事実を受け入れるには、相当の時間を要することでしょう。それはおそらく、家族や周りへの理解を求めるのにも、同じことが言えるのではないでしょうか。

自分でなくても、もしかしたら、とても身近な人がC型肝炎におかされている可能性だってありえます。その時、あなたは差別することなく、今までとかわりなく付き合うことができるでしょうか。その為には、今から十分な知識を身につけておく必要があるのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0