This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > 薬害C型肝炎訴訟の原告の一人、福田衣里子さん

薬害C型肝炎訴訟の原告の一人、福田衣里子さん

インターネットとは大変便利なものです。知りたい情報をインターネットで検索すると、簡単にくわしく知ることが出来ます。

ですから、例えば「C型肝炎とはどのような病気か?」を知りたければ、病気についてくわしく教えてくれるホームページを見る事も出来ますし、もちろん、C型肝炎を患っている患者さん達のブログを見ることもできます。

薬害C型肝炎訴訟の原告の一人である福田衣里子さんも、ブログを書いている一人であり、彼女のブログを是非オススメしたくて、ここに紹介させてもらうことにしました。Piquer ~Ennrico’s  room

1980年に生まれた福田さんは、20歳の時に自分がC型肝炎を患っていることを知りました。感染経路となったものは、生まれてすぐに血液交換をする際に使われた、血液製剤“クリスマシン”というものです。

この“クリスマシン”という製薬は、血友病患者のために作られたものですが、適応されていない小児医療に使われていたそうです。

この情報を新聞で知った福田さんは、親に勧められてC型肝炎の検査を受けたそうです。その検査結果は、残念ながら陽性反応がでてしまったそうです。

福田さんのブログを見ると、C型肝炎の治療の辛さ、そして患者の苦しみを知ることができます。彼女は薬害C型肝炎の被害者であるということ、そして実名を公表しましたが、そこに至るまでには想像できないくらいに悩んだことでしょう。

しかし、福田さんの九州訴訟での意見陳述を読むと、彼女の考え方や現在の前向きな姿勢には、本当に感心しています。

彼女を奮い立たせた二つの思い…それは、
・福田さんと同年代の人たちが、ニュースなどで映る福田さんの姿を見て、C型肝炎検査に興味を持つこと
・C型肝炎は普通に生活している上では感染しないということを知って欲しい
この二つの思いを胸に立ち上がった彼女の勇気は、多くの方にきっと届いていることでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0