This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > C型肝炎のキャリア保持者とは?

C型肝炎のキャリア保持者とは?

C型肝炎に関する情報を集めていると、キャリア保持者という言葉をよく目にします。みなさんは、ここで使われているキャリアとは、どういう意味かご存じですか?

キャリアとは、肝炎ウイルスを持っている人のことを言います。キャリア保持者であっても、B型肝炎の場合は自然に治る方がたくさんいらっしゃいますので、自覚症状がない場合が多く、そのため、自分がキャリア保持者であることを知らない人が、ほとんどだと言えます。そしてこのようなキャリアを、無症候性キャリアと言います。

C型肝炎もまた、無症候性キャリアがたくさんいると言われています。それはまだ発病していない人たちです。その方達にとって怖いのは、いつ発病するかわからないという事です。C型肝炎の場合、無症候性キャリアが慢性肝炎や肝硬変、肝臓がんになる確率が高いと言われているからです。

では、なぜ今になって、C型肝炎がこんなにも注目されているのでしょうか?それは、肝臓がんで亡くなる人の数が年々増加しており、その原因の約80%が、C型肝炎ウイルスによるものだという調査結果が出ているからです。

この結果は、薬害によってC型肝炎ウイルスに感染した方や、注射の使いまわしによって感染した世代の方たちが、肝臓がんを患ったためだと考えられています。

B型肝炎に関しては、予防法が確立されており、ワクチンも開発されていますので、大きな心配はないと言えます。

しかし、C型肝炎に関しては、残念ながらまだワクチンは開発されておりません。ワクチンによって感染を予防することが出来れば、C型肝炎の患者の数はグンと減るはずです。

近年、医学はめざましい進歩を遂げ、数多くの治療法やワクチン、薬を開発してきました。それにより多くの人たちの命が助けられてきたことでしょう。C型肝炎のワクチンも、一日でも早く開発されることを願っています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0