This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > C型肝炎の感染経路について

C型肝炎の感染経路について

肝臓病と聞くと、「お酒の飲みすぎじゃないの?」と思ってしまうほど、【肝臓病=飲酒】というイメージがありませんか?

しかし、お酒が原因で肝炎になる方は意外に少なく、約80パーセントの方がウイルスによって発病しているのです。

ウイルスというと、風邪もウイルス性のものですし、特にインフルエンザは感染力が強くて有名ですよね。肝炎もウイルス性のものですから、当然、人にうつります。

しかし、風邪やインフルエンザのように、咳やくしゃみによる直接感染や空気感染ではなく、血液から感染するものなので、C型肝炎の患者さんと話をしてもうつることは絶対にありません。

C型肝炎は、お互いに怪我をしていて、その傷口をこすり合わせたりしない限り、簡単にはうつらないので、一緒にお風呂に入ったり、同じ食事をつついたりしても大丈夫です。

ただし、口の中が出血している場合は、感染する可能性がでてきますので、注意しなければなりません。また、くしやひげそりなどは血がつく可能性が高いので、一緒のものは使わないようにしましょう。

万が一、C型肝炎に感染したかも…と思うようなことがあれば、かならず検査を受けましょう。C型肝炎ウイルスの潜伏期間は、個人差があり、約2週間~6ヶ月とされています。

インフルエンザのように予防ワクチンはありませんが、もし感染していたとしても、早期発見だと完治率は非常に高いですので、早期発見できるよう努めましょう。不安が消え去るまでは、定期的に検査を受けにいくことをおすすめします。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0