This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > C型肝炎の治療で便利な自己注射

C型肝炎の治療で便利な自己注射

C型肝炎の治療薬には、インターフェロンがよく使用されています。インターフェロンは、C型肝炎ウイルスの型によって、使われる種類が違っていて、自己注射が可能なものもあります。

自己注射とは、医師や看護士の手を借りずに、自分で注射をすることで、扱い方には注意が必要ですが、慣れると通院する回数が減りますので、たいへん便利といえるでしょう。

また、インターフェロンは、就寝前に打って良いということなので、落ち着いて打つことが出来ますし、翌朝には副作用も和らいでいる可能性があります。費用に関しても、2005年4月から保険が適用されるようになりました。

ただし、リバビリンとの併用や、週に1回打つだけで済むペグインターフェロンには、自己注射が認められていません。あくまでも、インターフェロン単独で行う場合だけが認められていますので、残念ながら全てのC型肝炎患者が自己注射を受けられるわけではないのです。

医師から自己注射を打つ許可がおりれば、注射を打つ練習を始めます。そして自宅での自己注射治療が開始されると、その後は、その効果と副作用を見てもらうために、2週間のうちに1回のペースで、医療機関を受診することになります。

この自己注射治療は、自宅に注射器を保管するわけですから、その扱いには十分な注意が必要です。自己注射後、その注射針が誤って家族に刺さるといった針刺し事故は、必ず避けなくてはいけません。

この治療法がもっと使われるようになると、C型肝炎の完治率が上がるのではないでしょうか?

 

cms agent template0037/0038 ver1.0