This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > C型肝炎を患った人の食事療法

C型肝炎を患った人の食事療法

C型肝炎を患った場合、食事にも気を付けていかなければなりません。ではどのような食事を取るのがのぞましいのでしょうか?

肝臓が病に侵されると、肝細胞の数が減るため、肝臓の働きが悪くなります。これは、たんぱく質を作る力がなくなってくる為だと言われていますが、現在は昔と違って、特に気をつけなくても高たんぱくの食事を取ることができます。ですから、規則正しい食事をしていればOKと言うことができます。

そうは言っても、肝臓の働きが極端に悪くなった場合には、注意が必要です。肝臓の働きが悪くなると、アンモニアの処理が出来なくなり、血液中にアンモニアの量が増え、物忘れが多くなったり、手がふるえる、不眠などの症状が現れてきます。

これは、アンモニアが増えたことにより、脳にも影響が現れるためです。ですから、早急に血液中のアンモニアを減らさなければなりません。そのためには、高たんぱく質の食事を減らさなくてはいけません。

また、塩分や脂肪、鉄分の取りすぎにも注意が必要になります。特に鉄分は、肝臓に沈着してしまうので、病気が進行しやすくなってしまいます。肉類ならば鉄分や脂肪の少ない鶏の胸肉やささ身、魚ならばあじや鮭、カレイ、エビなどがオススメです。

とは言え、体調が悪くなると、食欲もなくなることでしょう。しかし、栄養を取っておかないと免疫力が低下してしまい、C型肝炎に打ち克つことは出来ませんよ。少しずつでもいいので、さまざまな工夫を凝らして、栄養をとっていきたいものです。

健康であっても、病気にならないためには、規則正しい生活とバランスの良い食事をとることが一番ですよね。バランスの良い食事で病を乗り越えましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0