This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > 輸血を受けたことがある人の献血について

輸血を受けたことがある人の献血について

ここ最近、薬害C型肝炎の問題が注目されているのは皆さんご存じの方も多いはず…。これは他人事ではありません。

以前に輸血を受けたことがある人は、C型肝炎の疑いがあるため、C型肝炎ウイルス検査を受けるように呼びかけられています。なぜなら、C型肝炎は血液中にウイルスがあると、感染する病気だからです。

ところで皆さんは、献血をしたことはありますか?献血をすると、必ずさまざまな検査が行われます。そして、梅毒反応・B型肝炎・C型肝炎・HIVといったウイルスが見つかると、その血液は使われることはありません。

献血の際、希望された方には、検査結果に異常が見られた場合のみ、その検査結果が送られてきます。これをうまく利用し、保健所や病院で検査を受けるのは、予約したりなど何かと面倒だから、献血で検査をしようと考えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、献血センターでは、検査目的での献血はしてもらえません。

なぜならC型肝炎には潜伏期間があって、検査が不可能な期間があるからです。ですから感染の疑いのある方は、必ず保健所や病院で検査を行いましょう。

さて、輸血に使われる血液は、異常ないと判断されたものだけが使われるわけですが、みなさんは献血で採血した血液がそのまま使われると思っていませんか?

実は、そのまま使われるわけではありません。血液をそれぞれ成分ごとに分類し、さまざまな病気に対し、一つ一つ対応できるようにしているのです。

例えば、赤血球が少ない人には赤血球輸血を、血小板が少ない人には血小板輸血を行っているのです。昔はこのような成分検査や、成分ごとに分類するといった制度がありませんでした。

しかし現在では、献血で採血した血液の中にC型肝炎ウイルスが発見されたものは一切使われないので、輸血による感染はほとんどゼロに近いといえます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0