This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > C型肝炎の検査はどこで受けられるのか?

C型肝炎の検査はどこで受けられるのか?

C型肝炎の検査は、病院だけでなく保健所でも受けることができます。保健所で検査を受ける場合、自治体によって受付時間が異なっていますので、あらかじめ保健所に確認の電話を入れておいた方がよいでしょう。

その際、予約制であるかどうかも確認しておいた方がいいですね。現在、薬害C型肝炎訴訟問題で、該当者に呼びかけていることから、どこの自治体も大変混み合っているようで、予約がやや先になってしまうことが考えられます。

検査料は、無料のところがほとんどですが、一部有料の保健所もあります。無料だと、検査結果証明書が発行されないことがあるようですので、必要な場合は、有料検査を受けるようにしましょう。

病院で受ける場合は、基本的には医療保険が適用となっていますので、検査料を一部負担しなくてはいけません。検査料がかからないものとしては、自治体が行う住民検診です。

40歳以上であれば、基本となる住民検診の他に、5年毎にC型肝炎の検査を受けることができますので、検査を受けた事が無い方は、このような機会を利用してみてはいかがでしょうか。

また、現在では、家で手軽に検査できるキットが販売されており、インターネットや通信販売で購入することができます。

検査方法は非常に簡単で、指の先を針でつついて採血したものを郵送するだけでOKです。約1週間程で検査結果が郵送されてきますので、病院へ行く時間が無いような方におすすめです。

もし、明らかにC型肝炎の症状が疑えるのであれば、病院でしっかりとした検査を受けるようにしてください。そうでなくても、年に一度は検査を受けるようにしたいものですね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0