This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > インターフェロン治療の助成内容

インターフェロン治療の助成内容

C型肝炎のインターフェロン治療は、個人差があり、数回の投与で治る人もいれば、50回や70回と長期にわたって投与しなくてはいけない人もいます。

副作用を考慮し、少量のインターフェロンを長期にわたって投与する場合もあります。インターフェロンは一回の治療が高額なため、長期にわたってしまうと、途中で治療を断念する方もたくさんいらっしゃいます。

現在、政府はこのインターフェロンの治療に対し、助成金について検討しています。ニュースによると、所得に応じて月額1万~5万の負担にするという案が出ているそうです。通常ですと、年間約70万円はかかると言われていますので、この差は歴然ですよね。

そんな中、嬉しいことに、東京都では、すでに平成19年10月から、C型肝炎インターフェロン治療に対する医療費助成制度が開始されています。

対象者は各自治体に1年以上住所がある人で、自治体が指定している肝臓専門医療機関でインターフェロンの治療が必要と診断された方となっており、インターフェロン治療にかかる保険負担の医療費のうち、月額35400円を超えた治療費が助成されるという内容になっています。

これは入院のみならず、通院でも適用されるので、今まで高額医療の為に治療を諦めていた多くの患者さんにとって、たいへん喜ばしいことでしょう。

しかし、残念ながらこの助成は1年間に限られたものとなっています。インターフェロン治療は、1年間で終わらない場合も多いので、その点ではまだまだ難しい問題が残っています。

しかし、他の自治体では、助成がまだ開始されておらず、辛い思いをされている方が大勢いらっしゃいます。一日でも早く政府の案が可決され、多くのC型肝炎患者が安心して治療を受けられることを願うばかりです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0