This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > 『薬害C型肝炎の訴訟 支援者の会』の活動

『薬害C型肝炎の訴訟 支援者の会』の活動

薬害C型肝炎の訴訟について、さまざまなところで取り上げられるようになり、関心を持たれた方も多いと思います。

この訴訟には、関係者だけでなく、多くの人が応援し、さまざまな活動をされています。自分もこの問題について、何か力になりたいな…と思っている方もいらっしゃるでしょう。

まず、各地域で『薬害C型肝炎の訴訟 支援者の会』というものが設立されています。その中には学生による学生の会などもあります。そして、その活動内容はブログで紹介されていますので、誰でも見ることが出来ます。

また、支援者の会に入ることができなくても、みんなの願いをつなぎあわせる“ハンカチメッセージ”というものもあります。これは全国弁護団ホームページで、くわしい内容を見ることができますが、簡単に言いますと、自分のハンカチにメッセージを書いて郵送するというものです。これにより薬害の連鎖を断ち切る願いが込められています。

興味を持たれた方はホームページをご確認ください。著名人もたくさん参加されていますよ。集められた多くのハンカチは、支援者の会が主催する集会で、展示されているそうです。これを見ると、どれほど多くの人が、薬害C型肝炎に関心をもっているかがよくわかります。

それ以外にも、支援者の会で活動されている方のブログの中で、集会のお知らせや原告の方達のブログもたくさん紹介されていて、原告団や支援者の方達の、これまでの活動内容や治療の辛さ、苦労といったことを知ることができます。

もちろん、C型肝炎や薬害C型肝炎に関する知識や情報は、インターネットだけでなく書籍でも読むことができます。原告団の一人である福田衣里子さんは、本を出版されています。その出版物はC型肝炎についてはもちろんのこと、福田さんの前向きな姿勢に感心させられる一冊になっていますので、興味のある方は、是非一度ご覧になってはいかがでしょうか?

 

cms agent template0037/0038 ver1.0