This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について > C型肝炎患者さんが安心して治療を受けられるために

C型肝炎患者さんが安心して治療を受けられるために

薬害C型肝炎訴訟が和解された今、新たな法案が今後可決されれば、C型肝炎で苦しむたくさんの患者さんが助かることでしょう。

条件にあった人だけを救済するのではなく、全てのC型肝炎患者さんが安心して治療を受けられるような制度を、私たち誰もが望んでいます。インターフェロン治療やその他のC型肝炎治療費の助成なども私たちは大変強く望んでいます。

今後も、政府の動きには目が離せないところではありますが、国民の多くがC型肝炎に対して関心が持てるようになったのは、喜ぶべき事でしょう。しかし、これほど世間が関心を持ち、目を向けているのにも関わらず、未だに差別や偏見を持っている人たちがいるのも事実です。

ちょっとした事で「感染するんじゃないか…」と思っている人や、絶対に治らない病気だと思っている人がいるということは、大変残念なことです。しかし、それらは間違っているということがちゃんと分かってもらえれば、C型肝炎を患っている人たちは、もっと堂々と周りと接することができるはずです。

今の社会では、病気を隠したまま仕事を続けている人がほとんどで、「治療のために休みます」と堂々と言えない人が多いはず…。このような問題が解決されるまでは、本当の意味での救済とはまだ言えないかもしれませんね。

ただはっきりと言えるのは、もう二度とこのような事態があってはいけないと言うことです!国や製薬会社は、同じ過ちを犯さないためにも、今後の体制をもっとしっかりと考え直さなくてはいけないと思います。

そして、私たち国民も、病気に関する知識をもっと深めていく必要があると思います。まずは、病気に対し興味を持つことから始めましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0