This page:C型肝炎の検査治療・感染経路について


C型肝炎の肝臓手帳というものをご存じですか?

医療機関にかかると、薬局で一人1冊、お薬手帳を作成してもらえるので、お薬手帳をお持ちの方は多いことでしょう。これは、服用している薬の名前や摂取量などが記載しておき、次回病院へ行く際や、薬の併用が可能かどうかなどを調べるのに大変役立つものです。

また、妊婦の方は母子手帳をお持ちだと思います。母子手帳は子供が成長していく上で、たいへん重要となるものであり、また子供の成長過程を書き込むことで思い出のつまった貴重なものとなることでしょう。

皆さんは自分の母子手帳を見せてもらったことがありますか?自分の成長ぶりや親の愛情を存分に感じることができるのではないでしょうか。

このような手帳は他にも、糖尿病の人には糖尿病手帳、C型肝炎の人には肝臓手帳というものがあります。肝臓手帳には、肝臓病に関する知識が記載されていたり、検査結果が書きこめるようになっています。

定期検査の後には、検査結果を書き込んでおくようにしましょう。検査を受ける度に、結果を見比べることが出来ますので、日々の健康管理に役立つことでしょう。

これらの手帳は、みなさん大切に保管されておられることと思いますが、それだけではいけません。同じ病気で通院する場合はもちろんのこと、違う病気で他の診療科にかかる際にも、必ず持参するようにしましょう。医師によっては、C型肝炎にかかっていると聞くと、「血液検査をしましょう」ということが考えられます。

しかし、専門医にかかっているのであれば、その結果を見せればいいわけです。定期的に検査を行っているのであれば、わざわざ違う診療科でまた検査を受ける必要はないでしょう。

だからと言って、C型肝炎にかかっていることを話さないというのは、絶対にしてはいけません。それは薬の飲み合わせの問題もありますし、特に歯科では申告しておく必要があります。これはC型肝炎に限ったことではありませんが、自分の身体を守るために、こういった手帳は、常に保険証や診察券と一緒に保管しておくようにしましょう。

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0