This page:花粉症予防はお早めに! > 日本の花粉症の発症率

日本の花粉症の発症率

花粉症が発生する時期と言うのは、寒い季節から暖かくなり、日差しが気持ちよく、外に出掛けたくなるような気分的にも明るくなる季節ですよね。

しかし、近年花粉症になる人が増加しているため、昔ほど春を春らしく感じられず、むしろ辛いと感じる人が多くなってきており、ずいぶんとイメージが変わってきたようです。

花粉症と言うのは、スギなどの花粉が目や鼻の粘膜にくっつくと、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目やのどのかゆみなどのアレルギー症状を引き起こす症状のことを指しており、症状がひどい場合には、呼吸困難を引き起こす可能性があるとされています。

さらに目のかゆみの症状がある人は、コンタクトによるトラブルも発生しています。

現在、日本の花粉症の発症率はかなり上昇傾向にあります。2~3年前まで人口の15%ほどだった花粉症の人が、今では20%を超え、多くの方が花粉症を患っていると言うことになります。

花粉症の代表的なものとしてスギ花粉が注目されていますが、他にもイネ科の花粉やブタクサの花粉など季節が変わっても花粉は種類を変え、ほぼ一年中、なにかしらの花粉が発生しているといえるでしょう。

花粉は季節によって変わるだけでなく、地域によっても散布している花粉が違いますので、花粉症の人にも地域差が出ているそうです。

花粉症に一度なってしまうと、完治することはないと言われている花粉症…そう聞くとホントがっかりしてしまいますよね。この先、花粉症の人はもっと増え続けることでしょう。これだけ増え続けている花粉症に対して、何か改善策はないものなのでしょうか…。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0