This page:花粉症予防はお早めに! > 花粉症の薬は車の運転に影響が出る

花粉症の薬は車の運転に影響が出る

病院から花粉症の薬を処方してもらうときに、「車の運転はさけてくださいね。」と言われたことはありませんか?
実は花粉症と車の運転には、たいへん危ない影響があると言われています。花粉症の症状である目のかゆみや鼻のぐずぐずがあると、集中力が低下すると言われています。そんな状態で車を運転すると、悪影響が出るという統計が出ているからです。

また、花粉症の症状を抑えるために処方してもらった薬を服用した場合には、眠くなるといった副作用が出ることが多く、これもやはり車の運転に影響が出ると言われています。

花粉症で処方される薬に、抗ヒスタミン薬とよばれるものがあります。これには大きく分けて『鎮静性』と『非鎮静性』の2種類の薬があります。
この『鎮静性』の抗ヒスタミン薬の効能は、鼻水や鼻づまりを抑えてくれる効果があります。この薬を服用すると、症状を引き起こす原因である『ヒスタミン』という成分をブロックします。脳内にあるヒスタミンがブロックされることで、症状自体は治まりますが、副作用として眠気を伴うのです。

では、眠気がこなければ運転してもよいのか?というわけではありません。この薬にはインペアード・パフォーマンスというケースがあると言われています。それは、薬を服用することで、眠りにはいる直前に、自覚していないうちに急に眠気が起きてしまうというケースのことを言います。

こういった症状が起きるかもしれないので、花粉症の方が仕事などで車を運転する場合には、事前にお医者様とよく相談をした上で、薬を配合してもらい服用することをお勧めします。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0