This page:花粉症予防はお早めに! > 花粉症になる人が年々増えている理由は?

花粉症になる人が年々増えている理由は?

花粉症の人は、年々増加傾向にあります。これは一体どうしてなのでしょうか?

<花粉の大量増加>
昭和30年代、杉の木を大量に植林している時期がありました。そしてそれらの植林は、樹齢30年を越え、花粉を多く付けるようになりました。現在、杉の価値が下がってしまったのか、それらの木々はほとんど使用されず、手付かずのまま残ってしまっています。この残っている杉の木々から花粉が大量に飛び散っているということが原因ではないかと考えられています。

<体質の変化>
現代の家は昔の家と違って気密性がたいへん高く、その為アレルギーの原因とされるダニやハウスダストなどが増加してしまったことが原因ではないかと考えられます。

<道路の変化>
昔、花粉は土の上に落ちていました。ですから土の中に入っていましたが、現在では舗装された道路が多いため、一度舞った花粉はそのまま消えることなく、道路上に残ってしまっていることが原因ではないでしょうか。

花粉症は、風邪の初期症状とよく似ていると言われています。では花粉症の症状か風邪の症状かを見分けるには何で判断したらいいのでしょう?
まず基本的に、治る速度の違いから判断するできます。風邪というのは、通常1週間程度で治ってしまうことが多いのですが、花粉症は花粉が飛び散っている期間中、ずっとその症状が続きます。

また、花粉症の場合、鼻水はサラッとしています。逆にねとっとしていたら風邪であるという判断の仕方もあります。
どちらにしても、初めはわかりづらいものです。風邪かな?花粉症かな?と思ったら、自己判断せず病院に行って診断してもらうことをオススメします。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0