This page:花粉症予防はお早めに! > 花粉症の治療で使用される薬

花粉症の治療で使用される薬

花粉症と言うのはアレルギー性の疾患であり、アレルギーというのは短期間で完治することが極めて難しいとされています。しかし、薬などを使って症状を緩和させることは可能ですので、気長につきあっていきましょう。そして長い期間をかけ、徐々に治していくことが大切です。

そこで、下記に花粉症の対策としてよく使用される薬についての説明を、少しですが載せていますので参考にしてみてください。

<内服薬>
花粉症用の内服薬には、ヒスタミンという花粉症の症状を緩和させる成分が入っています。目や鼻、のどなどの症状について緩和させる効果があります。内服すると眠たくなることがあります。

<目薬>
花粉症用の目薬には、花粉症の症状である目のかゆみや充血を緩和させる効果があります。

<点鼻薬>
点鼻薬には、鼻の症状を緩和させる効果があります。使い始めは、やりづらいかもしれませんが、内服薬と違って、眠くなることが少ないという利点があります。

花粉症については、他の病気と違って、症状が出てくる前に予防策としてアレルギー薬を用いる場合があります。この方法を行う場合には、症状が出てくる2週間~1ヶ月前ほどから対策しておく必要があります。この治療法が体質に合っておれば、本格的な花粉症シーズンを少し楽に過ごすことができることでしょう。

しかし、何事においても自分の判断で行動することは避け、必ず医師の診断を受けた上で、対策をとるようにしてください。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0