This page:花粉症予防はお早めに! > 花粉症のレーザー治療とは

花粉症のレーザー治療とは

花粉症の治療には、薬による治療や手術による治療など様々なものがあります。その中の一つとして今、注目されている鼻の『レーザー手術』という外科的療法を取り上げてみました。

『レーザー治療』とは、一体どういった療法なのかと言いますと、アレルギー反応が最も起きやすい鼻の粘膜の部分を、レーザーで少し焼きます。そうすることによって、花粉が体内に入ってきても、過剰反応することがなくなり、結果アレルギー症状を抑えることができるという方法です。

しかしこの療法は、必ずしも効果が現れるとは言い切れません。花粉のシーズン前に治療すれば、長ければ1~2年効果が持続する可能性があると言われていますが、アレルギーの症状が大きい方の場合には、レーザー治療をしても、症状の軽減にしかつながらなかったということがあります。その為、何か他の対策と併用しなければならないということもあり得るということです。また、花粉の量によっても変わってくると言われています。

しかし、レーザー治療は日帰りが可能であったり、治療時間も短く、副作用も無いので手軽に行える治療法であると言えます。

治療後は、粘膜を焼いていますのでカサブタができたり、症状が一時的に強く出てきたりする場合もありますが、2~3週間ほどすると完治してくるでしょう。またレーザー治療をする場合、行う時期が大切になります。花粉症の場合、花粉が舞い散る時期の前に治療を行いましょう。その時期が最も効果が得られる時期だと思います。

そして、レーザー治療を行う際に最も重要なことは、信用できる病院を選ぶということです。環境が整っており、きちんと説明をしてくれる病院を選ぶことで安心して治療を受けることができるでしょう。そして何より精神的にも安定することでしょう。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0