This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症は食生活が原因?

花粉症は食生活が原因?

近年、花粉症に悩む人が急増した原因の一つに食生活があげられます。

戦後の日本は、それまでの野菜や魚が中心の食生活に代わって、肉を中心とした高たんぱくや高脂質である欧米型の食生活が急激に広がっていきました。
この欧米型の食生活が野菜不足や栄養の取りすぎ、食品添加物の増加など、アレルギー症状を引き起こすさまざまな原因とも言える問題を抱えているのです。

油もその問題の一つと言えます。
日本人はもともと油をあまりとらない人種でした。
しかし、食生活の欧米化にともない、料理で使われる機会が大幅に増え、摂取量はどんどん増えました。
油は私たちが生きていくためには欠かせない栄養素を持っていますが、油の取りすぎは血液をドロドロにしたり、炎症を強めたりなど私たちの身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

そのため、花粉症の人が油を使用する場合には、オリーブオイルを使うようにし、揚げ物やマヨネーズ、ドレッシング類を取り過ぎないように気をつけることが必要です。
こういったものを取らなくても、私たちの体に必要な油分は、通常の食事で十分取ることが出来ています。

また、砂糖やチョコレートなどを口にする機会が増えたことも、問題の一つとされています。
砂糖の取りすぎは免疫力を低下させ、花粉症をはじめとする多くの病気の原因となっています。

花粉症の人が甘いものが食べたい時には、果物やドライフルーツなどをとるようにしましょう。
また、砂糖の変わりにハチミツや黒砂糖を使用したりなど工夫をし、できるだけ砂糖を控えるよう心がけましょう。

かつての日本人の食卓は、ご飯・魚・野菜・味噌やしょうゆなどの発酵食品が主でした。
この伝統的な組み合わせこそが、栄養のバランスに優れた、そして日本人の体質に合ったベストな食事なのです。
昔ながらの日本の食生活を見直すことが花粉症にとって有効な対策といえるのです。
今一度見直してみましょう。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0