This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症対策を身近な食品で対策する

花粉症対策を身近な食品で対策する

花粉症の人は、身近な食品で何か対策をとれないものでしょうか?
花粉症の人は『冷え』が大敵になりますので、積極的にとるべき食品は『温性食品』といえます。
『温性食品』とは基本的に秋冬が旬のもので、『根菜類』や『薬味』などがそれにあたります。
具体的にどんなものがあるかと言いますと、野菜では、ネギ・ピーマン・ニンジン・タマネギ・ジャガイモ・レンコン・ショウガ・ニンニクなどです。
肉では、鶏肉・羊肉、魚なら、アジ・フグ・サバ・ウナギ・エビなどがあります。
こういった食品は身体を温める性質があり、これらを積極的にとることで花粉症に効果が期待されると言われています。

また青魚も多くとりたい食品の一つといえるでしょう。
青魚に含まれるDHAは炎症を引き起こすと言われる悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあり、さらに血行をよくし、アレルギー反応を抑制する働きをもつEPAも含まれており、花粉症の人には最適な食品といえるでしょう。
これらの成分は体内で作ることができないため、日々の食事から積極的にとるように心掛けなければなりません。

青魚以外に鮭も花粉症に効果的な魚であると言われています。
鮭の優れている点は、青魚に含まれているDHA・EPAに加え、さらに中枢神経の働きを正常にするビタミンB6をも豊富に含んでいるということです。

また、完全栄養食品として知られているカキも花粉症に効果がある食材と言われています。
カキに含まれるグリコーゲンは体力を回復させ、自然治癒力を高める効果があり、さらに鼻や目の粘膜を強化する働きをもつ亜鉛も多く含まれています。

他にも花粉症に効果があると言われる身近な食品には、玄米やヨーグルト、トマト、納豆、きな粉、ピーナッツ、シソなどがあり、現在も研究が進められています。

身近な食品によって花粉症対策をすることは、医師が処方する医薬品と違って副作用の心配が無く、妊婦や子どもに対しても安全で安心できます。
花粉症のタイプや体質によって、効果の期待できる食品はそれぞれ違うため、いろいろ試してみて自分に合った食品を見つけるとよいでしょう。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0