This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症対策に有効とされる乳酸菌

花粉症対策に有効とされる乳酸菌

花粉症対策のひとつとして、近頃、話題となっているもの『乳酸菌』を取り上げたいと思います。

乳酸菌とは、私たちにとって有益な微生物の一つで、さまざまな種類があり、それぞれに特性をもっています。
その特性を活かして、私たちの身近な食品であるヨーグルトやチーズなどの乳製品や、味噌、キムチなどの発酵食品に利用されています。

これまで乳酸菌といえば、みなさんもご存じのように、腸内環境を整え便通をよくする働きが多く知られていました。

しかし近年になり、飲料会社の研究によって、花粉症の症状を軽減する機能や新しい種類が発見され、注目を集めるとともに、たいへん期待されています。

その一つとして、2002年キリンビールが、高いアレルギー改善作用が期待される『KW乳酸菌』を発見しました。
また2006年には、カルピス社が人工曝露実験によって『L-92乳酸菌』が、鼻や目のかゆみといった花粉症の症状に大きな効果があることを実証しました。

これらの乳酸菌を利用し、今後、さらに多くの花粉症対策商品が開発されることを望む声が多くあがっており、期待されています。

この花粉症に有効とされる乳酸菌には、ウィルスや細菌を攻撃する「リンパ球Th1」とアレルギーの原因となる「リンパ球Th2」の、この2つのバランスをうまく保ち、アレルギー症状が起こりにくい環境をつくる働きがあるそうです。
全ての乳酸菌にこのような機能があるわけではないため、どのヨーグルトを食べても予防できるというわけでありません。
予防するためには、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類を確認する必要があるということになります。

そしてこの乳酸菌の効果は即効性があるものではないので、花粉の飛散時期の約1ヶ月前ぐらいから継続してとることが望ましいそうです。
しかし、乳製品アレルギーの人やヨーグルトを食べつづけると下痢を起こす人は、これらの製品からとることはさけ、サプリメントタイプのものから摂取するといった方法もあります。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0