This page:花粉症対策出来ていますか? > アロマセラピーと花粉対策

アロマセラピーと花粉対策

近年、花粉症の対策の一つにアロマセラピーによる方法が注目されています。

アロマセラピーとは、食物の芳香成分を抽出した精油を活用して、心身の健康を保つという療法です。
現在では香りや癒し効果だけにとどまらず、健康面においても幅広く活用されています。

花粉症の患者に処方される薬は副作用の出るものが多く、場合によっては副作用が生活に支障をきたすこともあります。
そういうこともあってか、近年副作用の少ないアロマセラピーが多くの医療機関でも取り入れられるようになりました。

アロマセラピーの精油はアロマショップなどで手軽に手に入れることが出来ます。
誰もが自ら取り扱うことのできる点が魅力の一つでもあります。
しかし、精油は薬と同等の機能をもっているため、慎重に取り扱わなければなりません。
特に高齢者や乳幼児、妊産婦の使用にあたっては、医師やアロマセラピストと相談の上で行うようにするほうがよいでしょう。

アロマセラピーによる花粉症対策として、どんなものを取り入れていけばよいのか、いくつか挙げていきたいと思います。

・目がかゆい時には、精油をつくる際にできる「フローラルウォーター」で湿布をします。

・くしゃみや鼻水、鼻詰まりなどの症状には、粘膜の炎症を緩和する「ユーカリラジアタの精油」をティッシュなどに落として吸入します。
また、「カモミール」や「ティートリー」を「ホホバオイル」で薄めてから首に塗ると、症状が緩和します。

・頭がボーっとする時には、強壮刺激作用や神経刺激作用のある「レモン」「ローズマリー」「ペパーミント」「カンファー」のいずれかをティッシュなどに落とし直接吸入します。

・喉が痛む時には、抗菌作用のある「ティートリー」「ゼラニウム」「ユーカリラジアタ」などでうがいをする、あるいは首に塗ってマッサージをします。

・鼻のかみすぎなどで肌がかさついている時には、抗菌作用のある「ラベンダー」、新陳代謝を促進する「ゼラニウム」、皮膚のトラブルを緩和する「ローズウッド」で患部をやさしくマッサージします。

上記の他にも、花粉症に効果がある精油は数多くありますので、自分の体調や好みに合わせて香り選んだり、楽しみながら症状を緩和していくことがアロマセラピー本来の目的といえます。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0