This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症対策にハーブ療法を取り入れてみる

花粉症対策にハーブ療法を取り入れてみる

ハーブは自然療法の一つとして歴史は長く、世界中の人々に信頼され、親しまれてきました。

アロマセラピーが植物の芳香成分を抽出しできた精油を利用するのに対し、ハーブ療法は植物全体をそのまま利用するもので、療法として利用するだけでなく、料理のスパイスとして活用したり、化粧品の原料としても私たちの生活には欠かせないものになっています。

欧米では、古くからアレルギー性の症状を緩和する手段としてハーブが用いられていました。

日本でも近年、花粉症などアレルギーで苦しむ人の増加に伴い、ハーブの持っている力が注目されています。

アレルギーに効果があるとして、今注目されているものの一つに甜茶があります。
甜茶の中の甜茶ポリフェノールという成分はヒスタミンの分泌を抑える働きがあり、花粉症をはじめとするさまざまなアレルギーに効果があることが明らかになっています。

甜茶の他にも、私たちの健康や花粉症の症状の緩和に効果的であるハーブは数多くあります。
例えばエキナセアやエルダーフラワー、ペパーミント、ネトル、ユーカリ、シソ、ヨモギなどです。
それぞれハーブには特性がありますので、自分の症状に合わせたハーブを選び、ハーブティーやハーブ湿布など、どんどん取り入れていきましょう。
また、ハーブの成分を抽出したサプリメントも数多く出ており、有効成分を気軽にとれる手段としてたいへん人気を集めています。

ハーブ療法は正しく取り入れていけば副作用はなく、また自然の恵みを最大限に活かす手段として、家庭や医療の中でこれからもおおく利用されていくでしょう。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0