This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症対策と洗濯方法

花粉症対策と洗濯方法

家族に花粉症の人がいる場合、花粉が多く飛ぶ季節には洗濯方法にも対策が必要になります。

寒い冬が過ぎ、風が気持ちのよい、よく晴れた春の日は洗濯日和です。しかし、それは同時に花粉日和でもあります。
また午後1時~3時頃は気温も上昇し、洗濯物が最も乾きやすい時間帯ではありますが、それも同時に花粉が最もよく飛んでいる時間帯でもあります。
ですので、よく晴れた日のこの時間帯には、洗濯物はできるだけ室内に干すか、あるいは乾燥機を利用するなどして、衣服に花粉が付着するのを防ぐようにしましょう。

しかし、現実に毎日の洗濯物を室内に干すのは、やはり乾きも悪いですし、見栄えも良いとはいえません。
しかも湿気に注意をしなければ、室内にカビなどが発生する原因になってしまうかもしれません。
室内に洗濯物を干す場合には、湿度が55%以上にならないように、湿度計を用意し注意しながら行いましょう。

洗濯物を外に干す場合には、花粉の多い時間帯はできるだけ避けて干し、取り込むときにはよくはたいてから取り込むようにするだけでもずいぶんと違います。
また、専用のブラシや粘着テープを利用して花粉を取り除くこともできますので、花粉が多い日にはこれらを利用してもよいかもしれませんね。

花粉の季節は、衣類だけでなく布団やシーツも外で干すことは避けたいところですが、全く外に干さないのは衛生的に心配な面もあります。
そこで、外に干す場合には、花粉の進入を防ぐための布団カバーにいれる、あるいは取り込む際に清潔な吸引口を取り付けた掃除機で花粉を吸い込む…など対策を取った方がいいでしょう。

布団乾燥機を利用するのも対策の一つです。

寝具は顔など肌に直接触れる上に、睡眠中の長い時間をその中で過ごすものなので、花粉から厳重にガードしたいところですが、布団の中に入り込んでしまった花粉は、掃除をしてもすべて取り除くことはほぼ不可能と言えるでしょう。

最近では、衣類や布団用の花粉防止スプレーが販売されており、これはスプレーをしておくと、花粉がついても軽く払うだけで簡単に落とせるとのことで、花粉症対策として注目を集めている商品です。
試してみるのもいいかもしれませんね。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0