This page:花粉症対策出来ていますか? > 外出には花粉症対策を

外出には花粉症対策を

花粉症になると、花粉の飛散時期にはできるだけ外出したくないものだと思いますが、現実にそうは言っていられませんよね。
花粉症の時期の外出には、症状が重くならないよう、しっかりと花粉症対策をする必要があります。

花粉症の主な症状であるくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻をしっかりガードすることでずいぶんと症状を抑えることができます。
それには花粉症対策用のメガネとマスクが必須アイテムです。

眼鏡は、目の粘膜に花粉が直接付着するのを防ぐ役目をします。
近年、花粉症対策メガネも発売されるようになりましたので、普段メガネをかけていない人でも、コンタクトレンズを使用している人も花粉症の季節には、このメガネを着用することが望まれます。
また、普段コンタクトレンズを使用している人は、花粉症の症状が重い時期には、使用を控えメガネにかえた方が、症状が軽くなると思われます。
なぜなら、コンタクトレンズに花粉が付着すると、目のかゆみや炎症を悪化させる恐れがあるからです。

また、花粉症対策の基本として、肌の露出はさけましょう。

とくに花粉が付着しやすい部分である髪の毛には帽子をかぶる対策が効果的です。
髪の毛に花粉が付いてしまうと、眼や鼻に落ちてきてしまいますので、長い髪はできるだけまとめ、つばのひろい帽子をかぶるようにしましょう。

次に衣類ですが、ツルツルした素材のコートをはおると、花粉が衣類につくのを防ぐことができます。
さらに花粉ガードスプレーをしておくと、より効果があって良いでしょう。
毛織物やセーターなどの繊維は花粉がどうしてもつきやすくなりますので、花粉の多い日には避けた方が無難かと思います。

メガネやマスクを使用していても肌の露出がさけられない顔は、帰宅したらすぐに花粉を落とすことが大切ですので、帰宅したら、手荒い・うがい・洗顔を行うようにしましょう。

化粧はベタベタして余計に花粉が付着してしまいますので、花粉症の季節は最低限に抑えるように心がけましょう。

花粉症対策として完全防備することは難しい面もありますが、できる範囲のことから実行していき、少しでも症状を軽くしていきましょう。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0