This page:花粉症対策出来ていますか? > 妊婦の花粉症対策

妊婦の花粉症対策

妊娠中はホルモンバランスが変化しやすく、それまで花粉症でなかった人が突然発症したり、症状が今までになくひどくなったり、逆に花粉症が治ったりすることがあります。

妊娠するまでは薬を飲んだり、注射を打つなどして対処してきた人も多いと思いますが、妊娠中は胎児への影響を考えると、今までのように安易に薬に頼ることはできません。
実際に、花粉症の薬の中には、妊婦が飲むと胎児への影響が心配される成分が含まれていることもあります。

しかし、妊娠中という心身ともにデリケートな時期に、花粉症のつらい症状を薬に頼らず我慢することは、かえってストレスになり、それが胎児によくないということもあるでしょう。
妊娠中は自分の判断で薬を飲むことはせずに、かかりつけの産科と耳鼻科の両医師と相談した上で、薬を処方してもらうことが大切です。

妊娠中の花粉症対策は、そうでない人の花粉症対策とあまり変わりはありませんが、できるだけ薬に頼らなくてもすむように、睡眠時間を十分にとり、規則正しい生活と栄養バランスのとれた食生活、そして外出後は手洗い、うがい、できるなら鼻洗いもしたほうがよいでしょう。
また、ヨーグルトや甜茶など、花粉症に効果があると言われる食品を多くとることも一つの方法ではないでしょうか。

外出する際は、花粉が多く飛んでいる時間帯や、気温の高い日、風が強い日はさけるようにしましょう。
できるだけ花粉が飛ばない雨の日や、花粉が少ない朝・夕方に外出するのが望ましいです。
そして昼間や天気の良い日に外出する際には、マスクや眼鏡、帽子などで花粉が肌に直接付着しないよう、十分対策をし、外出するようにしてください。

安定期に入ると、運動もかねて毎日、こまめに部屋の中の掃除をすることを心がけると、良いのではないでしょうか。
部屋を清潔に保ち快適に過ごすことは、胎児にもよい影響を与えることでしょうし、また花粉症の症状を緩和することにもつながります。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0