This page:花粉症対策出来ていますか? > 子どもの花粉症対策

子どもの花粉症対策

日本で花粉症が発見されてから40年余りが経ちましたが、患者数はどんどん増えつづけ、今では『国民病』といわれるようにまでなりました。

花粉症が一般的に知られるようになった頃は、『小児に花粉症はみられない』という見解でした。
しかし現在、子どもの花粉症は珍しいことではありません。
3歳児の花粉症患者も当たり前のようになってきました。
1、2歳の幼児でも目をかゆがったり、鼻水が出たり、鼻をかゆがるなどといった花粉症の症状がみられるようになりました。
どうやら花粉症は低年齢化に拍車がかかっているようです。

実は、乳児でも少数ではありますが花粉症の症状がでていることがわかってきました。
しかし、乳児は症状を訴えることができないため、見過ごしていることも多いようです。
これは出生後の早い時期に、多くの花粉を浴びると、花粉症になりやすいのではないか…と考えられています。
花粉症の有無にかかわらず、花粉が多く飛んでいる季節には、子供もできるだけ外出を控えたほうが無難だと言えるでしょう。

花粉症を発症する子どもの多くは、それ以前に、ダニによるアレルギー性鼻炎を発症していると思われますので、花粉症対策を考える際には、同時にダニ対策も必要になってくることでしょう。

また、花粉症はアトピー性皮膚炎や気管支喘息など、他のアレルギー疾患とも深く関わっています。
花粉症が原因でアトピー性皮膚炎が悪化したり、喘息の症状を引き起こすと言ったことも少なくありませんので注意が必要です。

子どもの花粉症の症状を緩和するためには、まず花粉を避けることが重要な対策になります。
花粉が多く飛ぶ季節には窓を閉め切ったり、こまめに掃除をするなど、できるだけ花粉を室内から排除しましょう。
花粉は、室内では落下し、床にたまっていることが多いので、床の拭き掃除が一番効果的だと言われています。

子どものアレルギー疾患の対策は、部屋の空気を清潔に保つこと!それが最も大切なことです。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0