This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症対策「花粉症緩和米」

花粉症対策「花粉症緩和米」

現在、日本の国民病ともいえる花粉症は、1700万人以上の人が苦しんでいると言われており、花粉症対策は国や自治体レベルで取り組むべき問題となってきています。

農林水産省では、近年、所轄の研究所で『スギ花粉症緩和米』の開発にむけて、日々研究を行っています。
この『スギ花粉症緩和米』とは、これを食べることによって花粉症の症状がよくなるという画期的な米です。
そのしくみとは、米の遺伝子を組み替え、中にスギ花粉の抗体を入れ込んだ米をつくるというもので、その米を毎日食べ続けると、免疫作用により体が徐々にスギ花粉に慣れていき、花粉症の症状が軽減するという効果が期待できる『経口減感作治療法』になります。
食べる量の目安としては、一日に一合ほど食べ続けると数ヵ月後には症状が改善されるとされており、動物実験ではすでに効果が確認されています。

ご飯として食べるということは、注射やのみ薬に比べて簡単ですし、飲み忘れるということもなく、また病院に通う必要も無いので、花粉症の人にとっては非常に負担の少ない治療法だと思います。

しかし一方で、遺伝子組み替え作物の普及に反対する声や、新しいアレルギーを心配する声もあって、実用化されるまでには様々な課題があり、まだまだ時間がかかりそうです。

当初、この『スギ花粉症緩和米』は食品として開発されていました。
しかし、厚生労働省から『医薬品として取り扱うべきではないか』という判断を受け、医薬品としての開発に方針を変更したことによって、実用化は当初の予定よりずいぶんと遅れているようです。

この『スギ花粉症緩和米』は現在、安全面においての研究が進められています。
そして、すべての面において安全が確認されたときには、花粉症で苦しむ人にとって便利で有効な対策になることでしょう。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0