This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症の予防対策とは

花粉症の予防対策とは

花粉症は基本的には通年性の病気ですが、スギを原因とした花粉症は春がもっとも症状の出やすい、また症状の重い季節になります。
体調管理や体質改善など、シーズンオフから予防対策することで、翌年の花粉症の症状を軽減することができますし、楽に過ごせるようになることでしょう。

毎年秋になると、翌年の花粉飛散予測が発表されるようになりました。
基本的に猛暑であればあるほど翌年の総飛散量は多くなるとされています。
また、暖冬だと飛散時期が早まります。

花粉症の治療をする場合は、症状が出てからでは遅く、少なくとも花粉の飛散する2週間ほど前から行うことが望ましいと言われています。

また花粉飛散時期になる前には、準備しておくべきことが多くあります。
例えば、家の中を大掃除したり、カーペットを取り除いてフローリングにする、空気清浄機など花粉症対策グッズを揃える…などです。
このように事前に準備ができるよう、あらかじめ花粉飛散時期や量の予測情報を知っておくことも大切なことです。

また、『冷えは万病のもと』とよく言われるように、花粉症にとっても身体の冷えはやはり大敵になります。
夏の間、冷房のかけ過ぎや冷たいものの食べ過ぎはできるだけさけるようにしましょう。
また、冷房だけでなく、食事の面でも身体を温める温性食品を多くとるようにし、冷たい飲み物は避けるようにしましょう。そのようなちょっとした心がけが、翌年の花粉症の症状につながります。

スギ花粉症の季節である春は、私たちの体は、体力が低下している時期でもあります。
それは年末の忘年会にはじまり、正月、新年会、歓送迎会など普段よりアルコールを飲む量が増えるなど、食生活が乱れがちであったり、睡眠不足などが続き、春はそれが一段落する季節だからです。
体力や免疫力のバランスが崩れているところに、花粉が体内に入り作用するのですから、症状は悪化しても仕方がない状況なのです。
できるだけ規則正しい生活や食生活を心がけ、花粉症の季節を万全の体調で迎えたいものですね。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0