This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症対策を東京都では…

花粉症対策を東京都では…

1963年、日本で初めてスギ花粉症の患者が報告されました。
それ依頼、スギ花粉症の患者数は、年々増え続けており、現在ではスギ花粉や他の花粉症の患者を合わせると数千人の数にのぼると言われています。

花粉症には様々な原因が考えられていますが、その中には個人だけでなく、国や自治体レベルで取り組まなければいけない対策が多くあるとされています。

東京都では総合的な花粉症対策を推進するために、2005年、花粉症対策本部を設置し、『花粉の少ない森づくり』を目指して様々な取り組みが始まりました。

その中の一つ『花粉の発生源への対策』を紹介したいと思います。
都内の森林地域では、花粉を多く発生するスギ林が多く存在しています。
花粉症の原因となるスギ花粉の量を減らすためには、これらスギの本数を減らす必要があります。
そこで、花粉症対策本部は発生源への対策として、都内の森林地域にあるスギを伐採し、花粉の少ないスギや広葉樹を植樹していく取り組みを始めました。
目標は、『10年後にこの森林から発生するスギ花粉の量を2割削減すること』としています。

また、東京都と近隣の自治体では、大気汚染問題としてディーゼル車の運行規制を強化しています。
ディーゼル排気物質をはじめとする大気汚染物質は、花粉と一緒に吸い込み、鼻粘膜に付着すると、アレルギー反応がおきやすくなると言われていますし、また、妊婦がディーゼル排気ガスを吸い込むと、産まれてくる子がスギ花粉症になる可能性が高いとの調査結果もでています。
こういったことから、ディーゼル車運行規制は、大気汚染問題にはたいへん重要な対策の一つなのです。

今や国民病とも言われる花粉症ですが、国や自治体で行われるさまざまな対策によって、今後どの程度の効果が得られるか注目されるところですし、期待したいものです。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0