This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症対策と注目の鼻呼吸

花粉症対策と注目の鼻呼吸

花粉症の人が急増する中、対策の一つとして『鼻呼吸』が注目を集めています。
以前から鼻呼吸を提唱している西原克成医学博士は、『口呼吸がさまざまな病気の原因である』との考えから、花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎などさまざまな病気に対して『鼻呼吸』を行う治療を施し、実際に効果を上げているということです。

鼻から空気を吸う『鼻呼吸』は、空気が鼻腔を通る間に埃や細菌などの異物を除去し、同時に加湿して、肺へと送るので、肺で酸素を吸入しやすい状態になっています。
つまり、鼻は優秀な加湿器と空気清浄機二つの役割を果たしているということになります。

人間は、鼻と口のどちらでも呼吸をすることができます。
しかし、もともと人間を始めとする哺乳類は、鼻だけで呼吸をしていたそうです。

口呼吸をすると、空気と一緒に吸い込んだ埃や細菌によって扁桃腺の組織を痛めてしまい、その機能を低下させてしまいます。
その結果、免疫力が低下し、花粉症などアレルギーや病気を引き起こすというわけです。
ようするに、人間の身体は口から吸った空気をきれいにするしくみになっていない、やはり鼻で呼吸をするべきなのです。

しかし、呼吸は無意識で行っているものなので、一度口呼吸が身についてしまうと、なかなか鼻呼吸には戻せないものです。
花粉の飛んでいないシーズンオフから、意識して少しずつ鼻呼吸に取り組む対策が必要になってくるでしょう。

その方法の一つに、睡眠中、濡れマスクを利用するのも効果があります。
睡眠中は無意識に口呼吸をしていることが多いので、その際、濡れマスクをしていると口で呼吸がしにくくなりますし、さらにマスクの水蒸気を吸い込むので、鼻の通りがよくなり、自然と鼻呼吸が身につくことでしょう。

昼間はできるだけ意識的に口を閉じて、鼻で呼吸することを心がけてください。
最近では鼻呼吸グッズも多く市販されていますので、試してみるのもいいですね。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0