This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症 目の対策

花粉症 目の対策

花粉症の症状のひとつである目の不快感は、スギやヒノキなど季節が限定されるものが抗原となっておこるアレルギー症状なので、季節性のアレルギー性結膜炎ともいわれています。

花粉症の目の症状は、かゆみとともに涙や目やにが出ます。ひどくなると痛みをともなうこともあります。

この目の症状を防ぐ対策は、なによりも花粉が目に入らないよう心がけることです。
入ってしまったとしてもそれを貯蓄しないように気をつけることが重要になります。
そのためには、外出する際にサングラスや花粉対策用の眼鏡を着用することが効果的です。
また、人工涙液を点眼し、目に入り込んだ花粉を洗い流すという方法もあります。

そして、これは目の症状に限ったことではありませんが、花粉が多く飛ぶ日には窓を閉めるように心がけ、できるだけ外出は控えるようにしましょう。
室内に入ってしまった花粉は、こまめに掃除をし、ため込まないようにしましょう。

また、花粉が飛散する時期より前に、予防的に抗アレルギー剤を点眼するという予防点眼も、症状を軽減する効果がありますので、試してみようと思われる方は、症状が出る前に眼科を受診するようにしましょう。

花粉症の目の症状は、人によって症状の重さは違いますが、コンタクトレンズ使用者やドライアイの人、アトピー性皮膚炎を持つ人は、特に症状が重くなる可能性が高いので、注意が必要です。

花粉症を根本的に治すには、今のところ原因物質をなくすか、本人の体質を変えるしかないと言われていますが、原因物質である花粉が発生する木をすべて伐採することも、体質を急激にがらっと変えることも現実には不可能でしょう。
したがって、治すことを考えることよりも花粉症と上手くつきあっていくことが得策といえます。

目の花粉症は、失明に至るような重大な疾患ではありませんが、その症状は日常生活に支障をきたすほど不快になることもありますし、何よりも日々ストレスを感じることでしょう。
しかし、これらの症状についてよく理解し、日常生活において注意することを守りながら、上手く付き合っていきたいものです。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0