This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症対策と鼻に関すること

花粉症対策と鼻に関すること

『花粉症』とは、アレルギー性鼻炎のひとつになります。
主な症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)があげられます。
これらの症状は、基本的に花粉がこれ以上、体内へ入らないよう防御するという人体に備わった防御反応です。たとえば、くしゃみは鼻に入ってきた花粉を外に追い出す。鼻水は花粉を鼻の外へ流し出す。鼻がつまることでこれ以上の花粉が入らないようにするといったように…です。
この防御反応には個人差があって、過敏に反応が出るという人もいれば、反応が全く出ない人もいます。

しかし、くしゃみや鼻水、鼻づまりという症状があるのにもかかわらず、実は花粉症ではないということもあります。
鼻炎や副鼻腔炎、風邪などは花粉症と症状が似ていて紛らわしく、自分で判断することは困難だと言われています。
こういった症状が出たときには、自己判断ではなく、医師の診断と適切な処置を受けることが大切です。
特に鼻づまりは、対策をとらないでほっておくと、集中力が低下する『鼻性注意不能症』になることもあるので必ず診察を受けるようにしましょう。

花粉症による鼻の不快な症状については、抗原となる花粉をできるかぎり吸い込まないことが重要な対策になります。
最近ではテレビやインターネットで花粉情報を知ることができますので大いに活用し、生活していく中でいろいろな工夫をしながら、自分にあった方法で症状を緩和していきましょう。

最近、花粉症の対策として注目されているのは鼻うがいです。よく用いられる手段の一つと言えるでしょう。
鼻うがいは鼻をかむだけではなかなか出てこない鼻汁を洗い流すことができ、花粉症だけでなく慢性鼻炎や風邪などにも効果があると言われおり、以前は耳鼻科で頻繁に行われていました。
しかし最近では、安易に行うと鼻の粘膜剥離や粘膜の損傷を招く恐れがあるということで、鼻うがいを推奨しない医師も増えてきているそうです。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0