This page:花粉症対策出来ていますか? > ストレスからくる花粉症

ストレスからくる花粉症

現在、花粉症の症状を悪化させる原因の一つに、ストレスがあげられています。

ストレス社会と呼ばれる中、ストレスによる病気は数多くあり、身体に悪いということはみなさんもご存じの通りだと思います。花粉症もやはり例外ではなく、ストレスによって引き起こる病気の一つだと言われています。

そもそも花粉症とは、花粉という抗原に対して体内の免疫力が過剰に働くことで、起こる病気です。
そしてストレスというのは、抗原と似た働きをするので、体がストレスを感じると体内で免疫力が過剰に働き、ヒスタミンなどのアレルギー症状を引き起こす化学伝達物質を出しやすくしてしまうのです。

花粉症は現在、幅広い世代に広がっていますが、中でも働き盛りの30代~50代に特に集中していると言われています。
30代~50代といえば、仕事などで最もストレスがかかりやすい世代といえるでしょう。
また花粉症は、体力も免疫力もある働き盛りの世代に多く、逆に体力も免疫力も低い高齢者には少ないと言われています。

ストレスを解消する方法は人それぞれだと思いますが、例えば自分の好きなことを思い切りする時間を持ったり、あるいはスポーツをしたりするのも有効な方法でしょう。
また最近では、『ユーモア療法』という、笑うことでストレスを解消する療法が注目されています。
これは、がん治療にもたいへん良い効果を発揮しています。

アロマテラピーで芳香浴を楽しんだり、ハーブティーでリラックスすることもストレス解消の効果があると言われています。

そして一番大事なことは、十分な睡眠をとることです。
自律神経のバランスを保つためにも、遅くても夜12時には寝るように心がけましょう。

花粉症の季節は症状がつらく、暗い気持ちから引きこもりがちなるかもしれませんが、自分なりのストレス解消法をみつけて、日頃からストレスをためこまないことが一つの対策と言えるでしょう。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0