This page:花粉症対策出来ていますか? > 花粉症対策とヨガの関係

花粉症対策とヨガの関係

花粉症対策として、今、注目を集めているもののひとつに『ヨガ』があります。

ヨガは、近年、女性を中心にダイエットや健康を目的としてブームを巻き起こしました。

ヨガは体のゆがみを正し、血行をよくすることで、肩こりや疲労をとるとともに、精神的にリラックスする効果があります。
そして、心に安らぎを与えることにより、免疫バランスを正常に整えていくことができます。
免疫バランスとは、花粉症の症状と密接に関わっていると言われています。
実際にヨガを始めたことで、花粉症の症状が大きく改善されたという人が数多くいらっしゃいます。

ヨガにはさまざまなポーズがあり、種類もホットヨガやパワーヨガ、ソフトヨガなどいくつかあります。
どの種類のヨガにも共通して言えることは、『呼吸』が重要であるということです。
ヨガのポーズをする時の基本となる呼吸法は、鼻から吸って口から吐き出すという『腹式呼吸』になります。
これは、体の中にたまっている悪いものを吐き出し、きれいな空気を吸い込むという考え方です。
この考え方は、さまざまな病気に対して有効な呼吸法である『鼻呼吸』に通じるものがあります。
ヨガは運動不足の解消にもなりますし、花粉症の方にとっては特に、自宅やスタジオなど花粉が飛んでいない場所でできるメリットがあります。

また、ヨガには『ジャラ・ネーティ』と呼ばれる鼻の浄化方法があります。
これは食塩水によって鼻の中を洗浄するという方法で、日本の『鼻うがい』とよく似ています。
日本で『鼻うがい』は鼻の粘膜保護の面から賛否が分かれていますが、このヨガで行われている『ジャラ・ネーティ』は、古くから伝えられている方法で、継続的に行うことで鼻の粘膜を丈夫にし、花粉やホコリなどのアレルギー物質への反応を抑えることができると言われます。
最初は苦しく、つらい方法ではありますが、日頃から練習を重ねることで免疫力そのものを高めていくことが大事であると考えられています。

もし、この『ジャラ・ネーティ』を花粉症対策として取り入れようとお考えの方は、ヨガの指導者や耳鼻科医師などの指導をきちんと受けてから行うことが望まれます。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)
 

cms agent template0037/0038 ver1.0